スポンサーサイト 



スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熱が出たときの対処法

【1】熱があっても元気が良く、食欲があるときはそれほど心配はいりません。熱がある場合は入浴は控えて、消化の良いものを与え様子を見ましょう

【2】熱が出るとのどが渇くので水分は充分に与えましょう。
湯冷ましや麦茶、果汁などがいいでしょう。

【3】熱が高いようなら頭を冷やしてあげましょう。
赤ちゃん用の氷枕があればそれがいでしょうし、冷えピタのような冷却ジェルも良いと思います。
またわきの下を冷やしてあげるのも効果的です。ジュースなどのアルミ缶でボトルタイプのものを使うと意外と便利です。

【4】解熱剤を使う場合の注意点
熱が高いときは解熱剤を使ってあげると楽になりますよね。
でもちょっと待って!熱は体の防衛反応の現れです。
むやみに下げればいいというものではありません。
体の中では細胞が一生懸命ばい菌と戦っています。
解熱剤を使うということは戦いを邪魔するようなものなのです。
解熱剤は赤ちゃんにとってプラスとなるかどうかを考えて使う必要があります。
熱があっても赤ちゃんが比較的機嫌がよく水分も充分に取れている状態なら、
解熱剤を使う必要はないでしょう。
38.5度を超える熱で機嫌もよくない、水分もちゃんと取れないし、食欲もないといった状態なら解熱剤を使うことを考えてもいいでしょう。
解熱剤を使いときは医師に相談して、続けて使う場合は6時間以上は空けるように注意してください。

暖かくするのはおすすめできません
昔の人は熱が出ると体を温めて汗をかかせるといいなどといいますよね。
でもこれは正しい対処法ではありません。
確かに熱が出るときは寒気がするので布団を沢山かけ、
体を温めますが、熱が高くなっている時は熱がこもってしまうので、
暖めることは返ってよくありません。
体力を消耗してしまう原因になります。
むしろ涼しく過ごせるようにしてあげましょう。



「育児・子育てに314倍成功する方法」(基本編)
成績がイイ子の親だけが実践している『10の鉄則』
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
魔法のトイレトレーニング講座
『幸せなお母さんになる為の子育て』
一生虫歯ゼロ★子供の歯を守る方法
現役歯科医師ママが教える 正しい歯の磨き方!
3日後から、育児が30倍楽しくなる!魔法の育児術

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山梨県甲斐市 



スポンサードリンク
大沢医院 055-277-1020 山梨県甲斐市長塚115-11
小山医院 055-277-5102 山梨県甲斐市島上条492-1
桜こどもクリニック 055-267-0505 山梨県甲斐市中下条1900
敷島クリニック 055-277-8300 山梨県甲斐市中下条246
杉田小児科医院 055-279-2088 山梨県甲斐市篠原2763-1
中沢クリニック (代) 055-276-8111 山梨県甲斐市竜王3091-1
双葉クリニック 0551-28-6789 山梨県甲斐市龍地4704
ふたば内科消化器科医院 0551-28-8227 山梨県甲斐市龍地2795-10
保坂小児内科医院 055-276-2619 山梨県甲斐市富竹新田410
スポンサーサイト


熱が出たときの対処法

【1】熱があっても元気が良く、食欲があるときはそれほど心配はいりません。熱がある場合は入浴は控えて、消化の良いものを与え様子を見ましょう

【2】熱が出るとのどが渇くので水分は充分に与えましょう。
湯冷ましや麦茶、果汁などがいいでしょう。

【3】熱が高いようなら頭を冷やしてあげましょう。
赤ちゃん用の氷枕があればそれがいでしょうし、冷えピタのような冷却ジェルも良いと思います。
またわきの下を冷やしてあげるのも効果的です。ジュースなどのアルミ缶でボトルタイプのものを使うと意外と便利です。

【4】解熱剤を使う場合の注意点
熱が高いときは解熱剤を使ってあげると楽になりますよね。
でもちょっと待って!熱は体の防衛反応の現れです。
むやみに下げればいいというものではありません。
体の中では細胞が一生懸命ばい菌と戦っています。
解熱剤を使うということは戦いを邪魔するようなものなのです。
解熱剤は赤ちゃんにとってプラスとなるかどうかを考えて使う必要があります。
熱があっても赤ちゃんが比較的機嫌がよく水分も充分に取れている状態なら、
解熱剤を使う必要はないでしょう。
38.5度を超える熱で機嫌もよくない、水分もちゃんと取れないし、食欲もないといった状態なら解熱剤を使うことを考えてもいいでしょう。
解熱剤を使いときは医師に相談して、続けて使う場合は6時間以上は空けるように注意してください。

暖かくするのはおすすめできません
昔の人は熱が出ると体を温めて汗をかかせるといいなどといいますよね。
でもこれは正しい対処法ではありません。
確かに熱が出るときは寒気がするので布団を沢山かけ、
体を温めますが、熱が高くなっている時は熱がこもってしまうので、
暖めることは返ってよくありません。
体力を消耗してしまう原因になります。
むしろ涼しく過ごせるようにしてあげましょう。



「育児・子育てに314倍成功する方法」(基本編)
成績がイイ子の親だけが実践している『10の鉄則』
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
魔法のトイレトレーニング講座
『幸せなお母さんになる為の子育て』
一生虫歯ゼロ★子供の歯を守る方法
現役歯科医師ママが教える 正しい歯の磨き方!
3日後から、育児が30倍楽しくなる!魔法の育児術

[2006/11/29 19:47] 山梨県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonika.blog57.fc2.com/tb.php/576-39a0b7b1





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。