スポンサーサイト 



スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熱が出たときの対処法

【1】熱があっても元気が良く、食欲があるときはそれほど心配はいりません。熱がある場合は入浴は控えて、消化の良いものを与え様子を見ましょう

【2】熱が出るとのどが渇くので水分は充分に与えましょう。
湯冷ましや麦茶、果汁などがいいでしょう。

【3】熱が高いようなら頭を冷やしてあげましょう。
赤ちゃん用の氷枕があればそれがいでしょうし、冷えピタのような冷却ジェルも良いと思います。
またわきの下を冷やしてあげるのも効果的です。ジュースなどのアルミ缶でボトルタイプのものを使うと意外と便利です。

【4】解熱剤を使う場合の注意点
熱が高いときは解熱剤を使ってあげると楽になりますよね。
でもちょっと待って!熱は体の防衛反応の現れです。
むやみに下げればいいというものではありません。
体の中では細胞が一生懸命ばい菌と戦っています。
解熱剤を使うということは戦いを邪魔するようなものなのです。
解熱剤は赤ちゃんにとってプラスとなるかどうかを考えて使う必要があります。
熱があっても赤ちゃんが比較的機嫌がよく水分も充分に取れている状態なら、
解熱剤を使う必要はないでしょう。
38.5度を超える熱で機嫌もよくない、水分もちゃんと取れないし、食欲もないといった状態なら解熱剤を使うことを考えてもいいでしょう。
解熱剤を使いときは医師に相談して、続けて使う場合は6時間以上は空けるように注意してください。

暖かくするのはおすすめできません
昔の人は熱が出ると体を温めて汗をかかせるといいなどといいますよね。
でもこれは正しい対処法ではありません。
確かに熱が出るときは寒気がするので布団を沢山かけ、
体を温めますが、熱が高くなっている時は熱がこもってしまうので、
暖めることは返ってよくありません。
体力を消耗してしまう原因になります。
むしろ涼しく過ごせるようにしてあげましょう。



「育児・子育てに314倍成功する方法」(基本編)
成績がイイ子の親だけが実践している『10の鉄則』
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
魔法のトイレトレーニング講座
『幸せなお母さんになる為の子育て』
一生虫歯ゼロ★子供の歯を守る方法
現役歯科医師ママが教える 正しい歯の磨き方!
3日後から、育児が30倍楽しくなる!魔法の育児術

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三重県の小児科 



スポンサードリンク

青木記念病院 (代) 三重県桑名市中央町
あかね小児科クリニック 三重県鈴鹿市西条
アクエア・メディカル・ステーション 三重県四日市市大矢知町
アクエア・メディカル・ステーション 予約専用 三重県四日市市大矢知町
あそクリニック (代) 三重県菰野町大字潤田
足立小児科 三重県伊勢市吹上
熱田小児科クリニック 三重県津市大倉
熱田小児科クリニック つ地域子育て支援センターすこやか 三重県津市大倉
渥美内科 三重県四日市市赤堀
あなざわクリニック 三重県鈴鹿市野町東
アマヤ内科 三重県桑名市伝馬町
飯田医院 三重県四日市市富田浜元町
家田クリニック 三重県鈴鹿市南江島町
伊賀市小児応急診療所 三重県伊賀市上野桑町
井口小児科 三重県松阪市嬉野町
池田小児科 三重県志摩市阿児町鵜方
池田小児科 (FAX) 三重県志摩市阿児町鵜方
石川内科小児科クリニック 三重県四日市市北浜町
石川内科小児科クリニック 三重県四日市市北浜町 内科
伊勢市休日・夜間応急診療所 内科・小児科 三重県伊勢市八日市場町 病院・医療センター
伊勢市役所 休日・夜間応急診療所 内科・小児科 三重県伊勢市八日市場町 役所
伊東医院 三重県亀山市野村
いとう小児科 三重県四日市市笹川
伊藤内科クリニック 三重県桑名市大字赤尾
いなべこどもクリニック 三重県いなべ市員弁町大泉
いなべこどもクリニック 予約専用 三重県いなべ市員弁町大泉
今中内科小児科医院 三重県津市栄町
今中内科小児科医院 三重県津市栄町 内科
イワサ小児科 三重県松阪市下村町
岩田医院 三重県伊勢市二俣
位田内科循環器科 三重県四日市市馳出町
上島小児科 三重県津市新町
上住医院 三重県松阪市大黒田町
上田医院 三重県尾鷲市中村町
うえのクリニック 三重県四日市市天カ須賀
上野こどもクリニック 三重県伊賀市平野城北町
上野内科 三重県津市庄田町
うだ内科小児科クリニック 三重県名張市平尾
うだ内科小児科クリニック 三重県名張市平尾 内科
うめもとこどもクリニック 三重県津市栄町
うめもとこどもクリニック 予約電話 三重県津市栄町
桜花台こどもクリニック 三重県四日市市桜花台
大石医院 三重県熊野市井戸町
大岩小児科医院 三重県四日市市釆女が丘
大久保クリニック 三重県松阪市宝塚町
おおたキッズクリニック 三重県鈴鹿市弓削町
おおはし小児科 三重県松阪市大足町
おおはし小児科 三重県松阪市大足町
おおはし小児科総合託児施設アリス 三重県松阪市大足町 - 児童福祉施設
大山田診療所 三重県桑名市大山田
小笠原内科 三重県いなべ市員弁町大泉新田
奥田医院 (代) 三重県津市半田
落合クリニック (代) 三重県四日市市ときわ
落合小児科医院 三重県亀山市東台町
落合小児科医院 三重県津市新町
越智ファミリークリニック 三重県度会町大野木
小野医院 三重県四日市市川原町
万年青会坂口医院(医療法人社団) 三重県津市垂水
笠間医院 三重県鈴鹿市十宮
加藤医院 三重県四日市市高角町
かとう小児科 三重県紀北町紀伊長島区東長島
かとう小児科 三重県名張市桔梗が丘
金児小児科 三重県鈴鹿市南玉垣町
加太診療所 三重県亀山市加太板屋
かみえび診療所 三重県四日市市上海老町
河合診療所 (FAX) 三重県伊賀市馬場
河合診療所 (代) 三重県伊賀市馬場
川崎医院 三重県いなべ市大安町石榑東
川田小児科医院 三重県津市広明町
川村小児科クリニック 三重県四日市市生桑町
神田小児科 三重県伊勢市河崎
神田小児科 エンゼル 三重県伊勢市宮後
久藤内科 三重県津市中央
桑原医院 三重県いなべ市北勢町中山
上津台小児科クリニック 三重県津市一身田上津部田
小渕病院 (代) 三重県津市一志町高野
駒田医院 三重県鈴鹿市北江島町
古山医院 三重県四日市市中川原
小山医院 三重県熊野市有馬町
近藤小児科医院 三重県桑名市星見ヶ丘 アレルギー科
近藤小児科医院 三重県桑名市星見ヶ丘
近藤小児科医院 予約専用 三重県桑名市星見ヶ丘 アレルギー科
近藤小児科医院 予約専用 三重県桑名市星見ヶ丘
後藤内科医院 三重県亀山市南野町
坂井橋クリニック (代) 三重県桑名市大字星川
坂口医院(医療法人社団) 三重県津市垂水
さかとく小児科 予約専用 三重県伊勢市小木町
さかとく小児科 三重県伊勢市小木町
さかとく小児科 自動予約専用電話 三重県伊勢市小木町
桜木記念病院 (代) 三重県松阪市南町
ささおこどもクリニック 三重県松阪市川井町
佐々木小児科 三重県伊勢市一之木
篠塚小児科 三重県玉城町下田辺
しばた小児科医院 三重県鈴鹿市白子
しばた小児科医院 電話予約 (代) 三重県鈴鹿市白子
志摩こどもの城クリニック 三重県志摩市阿児町鵜方
嶋内科小児科皮フ科 三重県鈴鹿市柳町
嶋内科小児科皮フ科 三重県鈴鹿市柳町 内科
嶋内科小児科皮フ科 三重県鈴鹿市柳町 皮膚科
しみず小児科 三重県津市西古河町
白子クリニック 三重県鈴鹿市南江島町
上瀬クリニック 三重県大台町新田
仁こどもクリニック 三重県四日市市ときわ
鈴木小児科クリニック 三重県伊勢市岩渕
鈴鹿回生病院附属クリニック 小児科・耳鼻咽喉科・アレルギー科・眼科 三重県鈴鹿市国府町 病院・医療センター
すずかこどもクリニック 三重県鈴鹿市秋永町
鈴鹿中央総合病院 眼科・小児科受付 三重県鈴鹿市安塚町 病院・医療センター
高岡医院 (代) 三重県津市一志町田尻
たかしま医院 三重県桑名市大字西別所
高野尾クリニック 三重県津市高野尾町
高橋内科 三重県大台町栃原
高見台クリニック 三重県四日市市高見台
高見台クリニック 予約受付 三重県四日市市高見台
たちこどもクリニック 三重県四日市市大字東阿倉川
立石内科 三重県四日市市新浜町
たねだキッズクリニック 三重県四日市市川島町
たねだキッズクリニック 予約専用電話 三重県四日市市川島町
津生協病院 (代) 三重県津市船頭町津興
積木内科小児科 三重県伊勢市岡本 内科
寺島クリニック 三重県四日市市楠町小倉
寺嶋内科小児科 三重県四日市市小林町 内科
とうご小児科 (代) 三重県松阪市光町 病院・医療センター
とうご小児科 (代) 三重県松阪市光町
徳田ファミリークリニック (代) 三重県伊勢市倭町
豊田内科小児科医院 三重県亀山市本町 内科
なかばやし小児科 三重県東員町笹尾東
中村医院 三重県桑名市末広町
なかむら小児科 三重県亀山市長明寺町
なかむら小児科内科 三重県桑名市長島町出口
中村内科 三重県桑名市新屋敷
中村内科循環器科クリニック 三重県四日市市泊山崎町
永井こどもクリニック 三重県伊勢市八日市場町
永田内科医院 三重県桑名市大字西別所
長野内科小児科 三重県尾鷲市大滝町
長野内科小児科 三重県尾鷲市大滝町 内科
なばりこどもクリニック 三重県名張市鴻之台
西井小児科 三重県津市本町
西井病院 三重県松阪市曽原町
西浦クリニック (代) 三重県四日市市西浦
西川小児科医院 三重県津市久居新町
西村内科小児科 三重県四日市市中部 病院・医療センター
西村内科小児科 三重県四日市市中部 アレルギー科
西村内科小児科 三重県四日市市中部 循環器科
西村内科小児科 三重県四日市市中部
西村内科小児科 三重県四日市市中部 内科
二宮病院 (代) 三重県四日市市中部
信岡医院 三重県名張市桔梗が丘
のむら小児科 三重県津市久居井戸山町
橋本医院 三重県津市河芸町千里ケ丘
はせがわこどもクリニック 三重県松阪市射和町
長谷川内科小児科 三重県松阪市射和町 - 内科
花田小児科医院 三重県伊勢市中島
花田小児科医院 三重県伊勢市中島
はね小児科医院 三重県鳥羽市大明西町
はね小児科・皮膚科・呼吸器科医院 三重県鳥羽市大明西町 呼吸器科
はね小児科・皮膚科・呼吸器科医院 三重県鳥羽市大明西町 皮膚科
はやかわこどもクリニック 三重県津市一身田上津部田
はやかわこどもクリニック 予約専用 三重県津市一身田上津部田
林医院 三重県いなべ市北勢町阿下喜
林小児科 三重県津市津興
ばん小児科医院 三重県鈴鹿市石薬師町
ばんの小児科 三重県菰野町大字菰野
ばんの小児科 三重県菰野町大字菰野 内科
ばんの小児科 予約専用 三重県菰野町大字菰野
ばんの小児科 予約専用 三重県菰野町大字菰野 内科
平井医院 (代) 三重県鈴鹿市算所
ひらい小児科クリニック 三重県伊賀市西明寺
平澤クリニック (代) 三重県伊勢市中須町
広瀬医院 三重県伊賀市上野恵美須町
ふじさとこどもクリニック 三重県伊勢市藤里町
藤原医院 (代) 三重県四日市市宮東町
二見浦内科 三重県伊勢市二見町茶屋
別當クリニック 三重県志摩市浜島町南張
前川小児科医院 三重県鈴鹿市中旭が丘
増井内科 三重県津市長岡町
ますだこどもクリニック 三重県津市河芸町東千里
増山医院小児科内科 三重県松阪市魚町
松岡医院 三重県桑名市大字西別所
松田医院 三重県伊賀市上野忍町
まつだ小児科クリニック 三重県桑名市藤が丘
まつだ小児科クリニック コンピュータ受付専用 三重県桑名市藤が丘
万濃医院 三重県松阪市松崎浦町
みずたにクリニック (代) 三重県伊賀市上野忍町
みずたにクリニック 予約専用 三重県伊賀市上野忍町
医療法人南浜田クリニック 三重県四日市市南浜田町
三原クリニック 三重県四日市市日永西
宮口内科循環器科 (代) 三重県桑名市星見ヶ丘
村上ファミリークリニック 三重県四日市市山分町
村田医院 三重県桑名市長島町大倉
村山医院 三重県四日市市松本
望月医院 三重県四日市市広永町
森栄病院 (代) 三重県桑名市内堀
森川病院 (代) 三重県伊賀市上野忍町
安田小児科内科 三重県松阪市上川町 病院・医療センター
安田小児科内科 三重県松阪市上川町
安田小児科内科 三重県松阪市上川町 内科
矢野内科小児科医院 三重県桑名市松並町
矢野内科小児科医院 三重県桑名市松並町 内科
山浦小児科内科 三重県桑名市馬道
山浦小児科内科 三重県桑名市馬道 - 内科
山口医院 三重県伊勢市小俣町元町
山口内科 三重県津市垂水
山下医院 三重県朝日町大字縄生
山城産婦人科小児科 (代) 三重県津市久居烏木町 産科・婦人科・助産院
山城産婦人科小児科 (代) 三重県津市久居烏木町
やましろ小児科 (代) 三重県津市久居中町
山田林クリニック 三重県四日市市元町
やまなかこどもクリニック 三重県伊勢市小俣町相合
山中内科・小児科 三重県四日市市松原町
山中内科・小児科 三重県四日市市松原町 内科
山室内科 三重県桑名市多度町小山
山本総合病院 小児科 三重県桑名市寿町 病院・医療センター
百合が丘クリニック 三重県名張市百合が丘東
吉住小児科 三重県名張市栄町
吉田クリニック (代) 三重県津市栗真中山町
吉田内科小児科医院 三重県四日市市平尾町 内科
吉野クリニック 三重県鈴鹿市住吉
鷲尾小児科 三重県松阪市殿町
渡辺医院 三重県四日市市富州原町
スポンサーサイト


熱が出たときの対処法

【1】熱があっても元気が良く、食欲があるときはそれほど心配はいりません。熱がある場合は入浴は控えて、消化の良いものを与え様子を見ましょう

【2】熱が出るとのどが渇くので水分は充分に与えましょう。
湯冷ましや麦茶、果汁などがいいでしょう。

【3】熱が高いようなら頭を冷やしてあげましょう。
赤ちゃん用の氷枕があればそれがいでしょうし、冷えピタのような冷却ジェルも良いと思います。
またわきの下を冷やしてあげるのも効果的です。ジュースなどのアルミ缶でボトルタイプのものを使うと意外と便利です。

【4】解熱剤を使う場合の注意点
熱が高いときは解熱剤を使ってあげると楽になりますよね。
でもちょっと待って!熱は体の防衛反応の現れです。
むやみに下げればいいというものではありません。
体の中では細胞が一生懸命ばい菌と戦っています。
解熱剤を使うということは戦いを邪魔するようなものなのです。
解熱剤は赤ちゃんにとってプラスとなるかどうかを考えて使う必要があります。
熱があっても赤ちゃんが比較的機嫌がよく水分も充分に取れている状態なら、
解熱剤を使う必要はないでしょう。
38.5度を超える熱で機嫌もよくない、水分もちゃんと取れないし、食欲もないといった状態なら解熱剤を使うことを考えてもいいでしょう。
解熱剤を使いときは医師に相談して、続けて使う場合は6時間以上は空けるように注意してください。

暖かくするのはおすすめできません
昔の人は熱が出ると体を温めて汗をかかせるといいなどといいますよね。
でもこれは正しい対処法ではありません。
確かに熱が出るときは寒気がするので布団を沢山かけ、
体を温めますが、熱が高くなっている時は熱がこもってしまうので、
暖めることは返ってよくありません。
体力を消耗してしまう原因になります。
むしろ涼しく過ごせるようにしてあげましょう。



「育児・子育てに314倍成功する方法」(基本編)
成績がイイ子の親だけが実践している『10の鉄則』
3日で変化が!お気楽に成功する極秘育児術
魔法のトイレトレーニング講座
『幸せなお母さんになる為の子育て』
一生虫歯ゼロ★子供の歯を守る方法
現役歯科医師ママが教える 正しい歯の磨き方!
3日後から、育児が30倍楽しくなる!魔法の育児術

[2007/08/29 13:45] 未分類 | TB(0) | CM(2)

レコード

レコードを探すなら http://www.tularebw.com/101240/200531/
[2008/09/23 04:18] - [ 編集 ]

こん・・・

お邪魔しました。



[2008/11/13 14:13] カリメロchan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shonika.blog57.fc2.com/tb.php/600-d91fcc2a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。